ラジオ少年キット製作記


(続)真空管ラジオ修復記 > ラジオ少年キット製作記


いつもお世話になっており、私も活動会員として、毎年ハムフェアにてブースでお手伝いさせて頂いている札幌のNPO法人、ラジオ少年で頒布しているラジオキットを何台も製作しましたので、ここにまとめてみました。写真は僕がラジオ少年の本拠地である、札幌のラジオ会館におじゃました時のものです。少し写っているのが僕です。

ラジオ少年、製作キット一覧

  0.ラジオ少年、ゲルマニウムラジオキット

  117.ラジオ少年、2球再生式ラジオキット「2R−STD」

  134.ラジオ少年、3球再生式ラジオキット「3R−STD」

  200.ラジオ少年、電池管4球ラジオキット「4S−DC」

  ラジオ少年、AM/FM/SW 3バンドIC&トランジスタラジオキット「RA−600(KIT−600)」

  ラジオ少年、AMトランジスタラジオキット「KIT−2050」

  ラジオ少年、AM/FM 2バンドICラジオキット「KIT−210」

  ラジオ少年、AM/FM 2バンドトランジスタラジオキット「753F」

  ラジオ少年、AMラジオ「KIT−6」&「KIT−16Xtal」

誠文堂新光社から2007年11月16日に発売の「真空管ラジオ製作ガイド」と、2008年12月17日発売の「ゲルマラジオ製作徹底ガイド」と、2009年10月22日に発売の「真空管レフレックスラジオ実践製作ガイド」と、CQ出版社から2010年4月19日発売の「CQハムラジオ」の一部を執筆させて頂きました。是非とも1冊ご購入をお願いします!

このページが少しでもお役にたった場合は、下記をクリックし、拍手(?)をお願いします。
拍手する

匿名でも結構ですので、是非ともアンケートにご協力お願いします!また、ご意見ご感想はこちらまでお願いします。(こちらは匿名と携帯メールはご遠慮下さい!)

また、私のHP上で公開している写真、回路図、文章などの無断での2次使用はお断りします。一言メールにて断って頂ければ、一向にかまいません。以上、よろしくお願いします。(以前、文章をそのまま雑誌に転記された事、HPで無断使用された事がありますので・・・。)

inserted by FC2 system