ナショナル「AH−610」修復記


(続)真空管ラジオ修復記 > 戦後mT管トランス付きスーパーラジオその3 > ナショナル「AH−610」修復記

修理を依頼された、松下電器産業(NATIONAL)の「AH−610」 の修復をして見ました。

このラジオから、写真を少し大きくしましたので、ご覧になりやすいと思いますが、如何でしょうか?


修復前の様子。2スピーカーのHiFiラジオです。依頼主の方が、キャビネットの清掃や塗装などを実施したとの事ですので、非常に綺麗な状態です。使用真空管は、6BE6(周波数変換)、6BD6(中間周波数増幅)、6AV6(低周波増幅)、6AR5(電力増幅)、6X4(整流)、6Z−E1(同調指示)です。一応鳴るらしいが、感度が悪いし、安全に使いたいとの事で、修理&点検にやって来ました。マジックアイはほとんど光らないとの事で、依頼主の方が個人輸入で海外から6E5を入手したとの事でした。


修復前の内部様子。清掃してあるらしいので、綺麗な状態です。バリコンを固定しているゴムが溶けていて取り付けが傾き、プーリーも斜めになってしまっています。ダイヤル糸は滑るので取ってしまったそうです。回路図と糸掛け図は内部に付いています。キャビネットは再塗装され、新品の様だ。


修復前のシャーシー上部の様子。依頼主の方がボロボロのパイロットランプの配線を交換してある。


修復前のシャーシー内部の様子。こちらは少々埃が溜まっていたが、エアガンで埃を吹き飛ばし、すっきりした。


内部には黒く焦げたペーパーコンデンサーが見られる。


電気配線の修復が完成したところ。全てのペーパーコンデンサーや電源コードを交換しました。ブロック型のケミコンは、ケミコンテスターで漏洩電流を測定したが、250V印可で0.1mAと低かったので、このまま使用することにした。マジックアイの消灯用のスイッチも取り付けました。ダイアル糸も張り直しました。通電試験してみると、一応鳴るんですが、かなり感度が悪いです。同調回路かIFTの不良でしょうか?


修復が完了したところ。各種調整&試験後、問題無さそうなので完了とする。感度が極端に悪い原因は、IFTの不良であったので、別のラジオから外した同じナショナル製のIFTに交換した。現在IFTは製造されていないので、貴重品です。HiFiラジオの良い音で、ガンガン鳴る様になった。シャーシーの後ろ側に、マジックアイの消灯用のスイッチを取り付けてあります。普段は消灯して、貴重なマジックアイの輝度の低下を防止して大切に永くお使いください!


その後、依頼主の方からメールを頂き、毎日調子よく使っていると写真でご報告を頂きました。大切に使って頂いて、ありがとうございました!

以上、交換部品代は約3,600円、修復作業時間は約11時間でした。

誠文堂新光社から2007年11月16日に発売の「真空管ラジオ製作ガイド」と、2008年12月17日発売の「ゲルマラジオ製作徹底ガイド」と、2009年10月22日に発売の「真空管レフレックスラジオ実践製作ガイド」と、CQ出版社から2010年4月19日発売の「CQハムラジオ」の一部を執筆させて頂きました。是非とも1冊ご購入をお願いします!

このページが少しでもお役にたった場合は、下記をクリックし、拍手(?)をお願いします。
拍手する

匿名でも結構ですので、是非ともアンケートにご協力お願いします!また、ご意見ご感想はこちらまでお願いします。(こちらは匿名と携帯メールはご遠慮下さい!)

inserted by FC2 system