シャープ「6A−137」修復記


(続)真空管ラジオ修復記 > 戦後mT管トランス付きスーパーラジオその3 > シャープ「6A−137」修復記

修理を依頼された、早川電機工業(SHARP)の「6A−137」 の修復をして見ました。


修復前の様子。あやうく捨てられそうになったラジオだそうだ。中学生の息子さんが興味を持ったとの事で、安全に使用するために修理&点検にやってきた。使用真空管は6BE6(周波数変換)、6BA6(中間周波数増幅)、6AV6(検波&低周波増幅)、6AR5(電力増幅)、5M−K9(整流)、6Z−E1(同調指示)である。


修復前の内部様子。埃がたまっていて汚い。キャビネットの上部は日に焼けたのか、色がかなり褪せている。


修復前のシャーシー上部の様子。エアガンで埃を飛ばして、少し綺麗にしました。


修復前のシャーシー内部の様子。事故や改造の跡はない。


マジックアイはトーヨー製の6Z−E1に交換されていたが、ご覧の様にほとんど光らず。


内部には回路図も綺麗に残っていました。


修復が完了したシャーシー内部の様子。全てのコンデンサー類を交換しました。ブロック型ケミコンは漏洩電流が多く、安全の為に交換してあります。


修復が完了したところ。マジックアイは新品にて撮影してあります。HiFiに切り替えると良い音で鳴ってくれます。各種試験後、問題無さそうなので完了とする。大切にお使いください!

以上、修復作業時間は約10時間、交換部品代は約2,500円でした。

誠文堂新光社から2007年11月16日に発売の「真空管ラジオ製作ガイド」と、2008年12月17日発売の「ゲルマラジオ製作徹底ガイド」と、2009年10月22日に発売の「真空管レフレックスラジオ実践製作ガイド」と、CQ出版社から2010年4月19日発売の「CQハムラジオ」の一部を執筆させて頂きました。是非とも1冊ご購入をお願いします!

このページが少しでもお役にたった場合は、下記をクリックし、拍手(?)をお願いします。
拍手する

匿名でも結構ですので、是非ともアンケートにご協力お願いします!また、ご意見ご感想はこちらまでお願いします。(こちらは匿名と携帯メールはご遠慮下さい!)

また、私のHP上で公開している写真、回路図、文章などの無断での2次使用はお断りします。一言メールにて断って頂ければ、一向にかまいません。以上、よろしくお願いします。(以前、文章をそのまま雑誌に転記された事、HPで無断使用された事がありますので・・・。)

inserted by FC2 system